銀行のお仕事

銀行が閉まる3時以降何してるの?

こんにちは!
銀行をはじめ金融機関は3時に閉まって早いなあっていうイメージありますよね。

 

私も3時以降ってお客さんいないし楽じゃん?って思ってました。

 

とんでもない。。。

 

3時以降からが大変なこと入庫してから知りました。

 

3時以降のお仕事について係別にご説明します。

 

 

窓口の仕事

まず窓口はテラーズマシーンっていうお金が入っている機械のお金を回収します。

 

コンビニなどでいうレジのお金を回収して現金を合わせます。
回収が終わると税金の閉め作業が始まります。

 

これが多いと大変です!

 

お客さんに書いてもらった伝票の金額と受け付けした税金の現物と金額が間違っていないか確認します。

 

特に月末は税金が多いので時間にかなり追われます。
税金が終われば後は簡単な綴りものをして終わりです。

 

 

 

為替の仕事

為替は振り込み関係を受け持ちます。

 

ATMでは振り込みができない金額の振り込みや、企業の給料の振り込み、外国送金など、受けます。

 

後は職員の経費をきる庶務も兼任したりします。
他の金融機関と振り込みのやり取りをします。

 

当日の振り込みは基本的に14時までなので14時以降は振り込みの金額を合わせたり締めの作業に入ります。

立て続けに振り込みがなければ基本的に為替は平和です。

 

3時以降は振り込みや経費の締め作業を行います。

 

 

 

預金の仕事

預金は結構仕事が多いです。

当日の処理した改印の登録や住所変更手続をまとめたり書類関係を主に行います。
検印から戻ってきた書類や、本部や他の支店からきた書類の整理を行います。

 

大きい店舗だと細かく係が分かれていますが、中型店舗は大体一人から二人で仕事を行っています。

 

通帳や預かっている書類の管理も行うので大変です。

 

本出納 

って何ぞや?と思っている方多いと思います。

私なんて配属されて最初の仕事が本出納だったのですが、何するのかさえ分かっていませんでした。

 

本出納っていう機械があるんですよね。
ATM機より機能が充実しててもっと大きくなった機械があるって認識で理解して頂ければと。

 

窓口の機械から出せない大きい金額のお金を出したり、新札への両替などを行う機械です。

 

3時以降はATM機の近くにある両替機を締めたり、窓口のお金を入金したりします。

 

ここで現金が合わないと帰れません。

 

トラブルがなければそこまで時間はかかりませんが、たまに本部から抜き打ちの精査が入るとその支店の現金をすべて合わせることになるので大変です。

 

まとめ

個人的に大変な係は

 

預金>本出納>為替>窓口

 

ですかね~。

 

一応どの係も経験しましたがやっぱり預金は大変です!

 

本出納はお金を管理するのと、体力的にキツいので(^_^;
重たい棒金を持ったりするのがかなり大変なんですよね~(*_*)

 

新入職員は大体本出納に行くので1年でかなり力持ち?にはなれますよ!
男性の方が重たい棒金やら麻袋のお金を持ってくれる事もありますが、まあ頼むのも面倒なので私は自分でほとんど持っていましたけどね(;^ω^)

まい
まい
たくましくなりました!!

 

ということで金融機関は三時以降もやること沢山あるので決して楽ではないんですよね。むしろ三時以降の仕事の行い方で定時に上がれるか決まるので結構必死です!!

 

少しでも参考になればと思います♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です