銀行のお仕事

銀行員のいじめの実態。辛くて会社に行きたくなかったらやるべき事3つ

何年働いても「転勤」の事例がでるたびに憂鬱になるわたし。いじめのターゲットに自分がならないか恐怖が消えません。

 

転勤の辞令が出た時に一番気になるのが「配属先の店舗に誰がいるか」ですよね。

 

支店長は怖い人かな、預金役席はうるさくない人がいいな・・・なんて真っ先に調べちゃいます。

 

そして支店長よりも気がかりなのは、自分と一緒に仕事をする同じ係に誰がいるか。

 

実際は支店長と一緒に預金の仕事をするわけじゃないですからそこまで気になりませんが。同じ係に意地悪な先輩がいたらもう大変です。

 

そして幸い今回の転勤先が恵まれていても、ずっとは続きません。転勤がある限り、この銀行にいる限りずっと続きます。

 

そして運悪くいじめのターゲットにされてしまい毎日が辛い人、会社に行きたくない状態な貴方がするべき行動を3つ紹介したいと思います。

 

 

なぜ銀行でいじめが起きやすい?その理由は仕事内容にあり!?

銀行でのいじめって結構つきものというかポピュラーな感じなんですよね。

 

おそらく一般企業より多いと思う。理由は転勤が定期的にあることは大きな理由だと思いますが、仕事内容も大きく絡んでいると思います。

 

女性職員が多い

女子校でも同じですが、女性職員が多いと素が出やすくなりますよね。

 

男性職員もいますが、日中って大体外出ているからずっと中にいるのって管理職か預金役席くらいです。

 

ほぼ女性なので皆結構素が出ています。

 

 

仕事内容が個人ではできないものが多い

銀行の内勤の仕事って個人でできるものが限られていて、役席に検印もしょっちゅうもらわないといけないので他職員と関わる事が他業種より多くなります。

 

これは店舗の規模が小さいほどチームワークは重要になってきますので、小さい店舗でいじめられると地獄の始まりになります。

 

関わらなければ起こらないことも関わりが必要だから起こってしまいます。

時間に常に追われる仕事なのでイライラしやすい

9時に店が開店したらさあ大変。

 

電話は鳴るわ、ATMで呼び出しがかかるわ、窓口は混むわで月末は休憩行く時間も無いほど混雑します。

 

もうね、これだけで皆イライラしちゃうんですよね。空気がピリピリしているのが分かります。

少しのことで八つ当たれたり・・・ありますよ。

 

女性役席者の増加

もともと男性職員が日中少ないのに最近は女性役席が増えているのでトラブルが起きやすい気がします。

 

中には上手く周りをまとめてくれる女性の役席もいます。更に女性だと預金を経験しているのでオペレーション内容も詳しい。その点は心強いです。

 

しかし性格極悪な先輩が役席になった時には「なんでこの人昇格しちゃったの!?」と大騒ぎ。

必死に一緒の支店にならないことを願うしかありません。

 

人事部は把握してるが対処しない

「なんでこんなに問題ある人なのに人事部は知らないの?!」と思いますが大体人事部は把握しています。

「じゃあなんで転勤させないの!?」と思いますが、受け入れてくれる支店がないんですよ。

 

こういう人ってどこでもトラブル起こしちゃうから一緒の支店で働きたく無いとどの人からも言われ、転勤が難しい。

 

仕事ができなかったり問題起こす人は本部に行かせるっていうパターンもありますが、仕事できても性格に難がありすぎる人は本部でも引き取るのがイヤだから本部に行きません。

 

まだ仕事できなくても性格が良い方が拾われます。

 

支店を彷徨っているしか無いんです。

 

いじめられて毎日が辛い人がやるべきこと3つ

直属の上司や支店長に相談

まずは一人で抱え込まないで同じ支店の上司に相談して。話し合いの場を設けてくれるか、直接本人に上手く促してくれるか対策はとってくれると思います。

同じ係なら、係替えを希望するのも良し。

直属の上司にいじめられていたらその上に相談してください。

ただしいじめてくる先輩がかなりの権力?持っていたら何も動いてくれなくて上手く丸め込まれる可能性もあります。

 

人事部に相談

上司が無理なら人事部に相談しましょう。

 

理由を話して支店の移動を申し出ると叶うことがあります。いじめている本人かいじめられている側どちらかが転勤になります。

 

ただこの場合、実際に同僚に起こった話なのですが転勤していじめから解放されたと思ったら転勤先でまたいじめられるということもあります。

 

さすがに何度も転勤願い出すのは辛いですよね。こうなった場合かなり追い詰められます。

 

辞める準備をする

そもそもいじめを我慢してまで、この職場にとどまっていたいかです。

そんなに高い給料もらっているかといったらそうでも無いですよね。ボーナスがちょっと良いくらい。

昔は銀行員って安泰のイメージありましたが、今は違う。

 

時代に合った柔軟な働き方ができないのが金融業、リモートワークが主流になっても銀行などの金融機関はリモートワークになるのは現状かなり難しいでしょう。

 

そういう現状も踏まえてか最近は転職者がとても多いです。

 

無理してイヤな気持ちで働いて心が壊れてしまうなら、思い切って転職活動をしても良いと思います。

 

 

転職も十分あり!

それでも耐えられない場合は離職するのも全然ありです。

 

極限まで我慢して体調を崩しても大変ですからね。周りからは「もったいない」など言われますが、無視でいいです。

 

1日最低9時間はいる職場。寝ている時間考慮してないと1日の大体半分を会社で過ごしていることになります。

 

それなのに職場が居づらいのは相当ストレスですね。結構ストレスで激やせする人や太る方も多いです。

 

入社したばかりの人だとなかなか辞めるのも勇気がいりますが、実際辞めるなら3年以内で転職してる人多いです。だからあまり年数は気にしなくていいです。逆に転職するなら早いうちにすることをおすすめします。

銀行員から転職した友人の話こんにちはー! 保険の試験があったりで、なかなか更新できずにいました(^_^; 先日学生時代の友人とランチしたのですが、なんと転職し...

 

悩んでいる場合はとりあえず大手のサイトに登録すれば間違いないです。実際に転職した職員でよく皆が登録しているのはリクルートエージェントです。

 

 

簡単に登録できて、もちろん無料で利用ができるのでおすすめです。

まとめ

この記事を読んでいる方は職場の人間関係に悩んでいる方が読んでいらっしゃると思います。

 

心当たりがないいじめの場合はつらいですね。

 

金融機関は3年で大体皆移動になるのでまずはここまで待てるかどうか考えてもらって、無理な様なら先に転職活動をして次が決まってから辞めるようにした方がいいですよ。

 

あなたにとって最適な選択がみつかりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です